当サイト「Doしたい?」は、運営会社 「株式会社VERSION2」と「NPO法人北海道エンブリッジ」監修の下、運営しています。取材、記事の編集などは学生による「Doしたい?編集部」が担当しています。

大西 昭夫(株式会社VERSION2 代表取締役社長)

大学のことをもっと知りたい

「大学でもっとマジメに勉強しておけばよかった」 仕事をするようになってから僕自身がよく感じていることです。 もし、大学に入る前や在学中に、将来このように思うと分かっていればもっと違った大学生活を送っていたかもしれません。これから大学を選ぶ高校生や、それを支援する保護者や先生に、大学というものをもっと知ってもらいたいという想いがこのサイトのはじまりです。

このサイトを企画していく中で知ったのが北海道が全国から比べて進学率が低いこと。これから少子化を迎えると言われている中、全体の人数が減っても進学率が上がれば入学者数は変わらないのでは?という考えから、まずは僕が育った北海道の進学率をあげたいという目標を持ちました。

大学は高い授業料を払うのに、

“大学に行くことでどういう利点があるのか分からない”

“近所にある大学が何をしているのか分からない”

“そもそも大学ってどんなところなのか分からない”

“大学生と言えば遊んでいるイメージがある”

そのような状況で進学させようという保護者の負担は計り知れないと思いました。大学が何をしているのか?そして卒業していった人達はどんな人生を送っているのか?それを多くの人たちに知ってもらいたい、なによりも、僕自身がそれを知りたいと思い「Doしたい?」を立ち上げる決意をしました。

僕が立ち上げた会社VERSION2は、教育、その中でも主に大学向けのシステムを開発しています。VERSION2ができる社会貢献は何か?と考えたとき、北海道全体の進学率を上げることが僕らがやるべきことだと確信しました。

エンブリッジと出会ったことで、Doしたい!の取材や企画、運営のほとんどを学生に任せ、そして育てていく環境を作ることができました。大学生が大学を取材し、大学の情報を発信し、大学をもっと知ってもらい、また新しい大学生を迎えるというサイクルを創りあげていきたいと考えています。「Doしたい!」は宣伝や広告媒体ではありません。色々な方々に大学を知ってもらいたい、責任感のある大学生を育てたいという気持ちで運営していきます。

 

浜中 裕之(NPO法人北海道エンブリッジ 代表理事)

「こんな人がいたのか!」と、おどろく毎日です。

私は大学生時代にNPOを立ち上げ、卒業後もその法人の代表として、大学生の進路・キャリア支援をしています。学生時代から8年間活動し、多くの大学生や企業の方々と話をしてきました。

その中で感じたこと…

「北海道で想いを持って活動し、活躍している大学生・社会人がたくさんいる」ということです。

僕が高校生の時は、当然ですがそれらの人は見えず、偏差値、学力、大学の校舎がキレイかどうか、そのくらいの基準で大学を選んでいました。でも、大学に入り幸運にも自分のやりたいことを見つけ、それを今も仕事にすることができています。

多くの大学生は、自分の将来に小さな不安を抱え、本当にやりたいことを見つけられずに社会に出ていく人も少なくありません。できる限り早い段階で、大学がどんな場所で、どんな人たちがいて、そこから卒業していった人たちは今何に夢中になっているか・・・、そういうことを知れたら、大学に行く目的や、大学に入ってから何をするのかが、少し変わっていくのではないか、そう思って「Doしたい?」を立ち上げることにしました。

大学生達と一緒にこのサイトをつくっていて、僕たちも「こんな人が札幌にいたのか」と日々驚きながら発信する情報をつくっています。少しでもその驚きが皆さんに伝われば嬉しいですね。大学生になった、あなたとお話しできることを楽しみにしています。