Post2015/05/30

マジックとジャグリングのサークル 【北大奇術研究会】

マジックとジャグリングのサークル 【北大奇術研究会】

今回ご紹介するのは、北海道大学の北大奇術研究会です。現在副会長をしております、私、大木が、奇術研の活動とその魅力についてお伝えしたいと思います!


<PR>


大学生のエンターテイメント集団

奇術とは?

皆さんはマジックやジャグリングを見たことがあるでしょうか?カードマジックや、人体が切れたり入れ替わったりするイリュージョン、ボールやコマを使ったジャグリング……商業施設のイベントや街頭などで見たことがあっても、実際に触れる機会自体は、あまりないと思います。私は奇術研に入るまで、こんなにたくさんのマジックやジャグリングの種類があるとは知りませんでした。ましてや、自分にもできるとは思ってもいませんでした。

「奇術」と聞くと、妖しげな感じ、不思議そう……などのイメージを持つのではないでしょうか。いずれにしても、日常生活にあまり馴染みのある言葉ではありませんよね。そんな、普段は味わえないような驚きや楽しさを観客の方々にお届けするために、奇術研では日々活動しています。

主な活動内容は?

先日新歓活動を終えて、現在は約40名で、北海道大学公認団体として活動しています。
主な活動内容は、大きく分けて北大祭での発表・12月のビッグイベントとなるステージ・依頼を受けての公演活動の3つです。この他に、プロマジシャンによるショーやレクチャーに参加したり、他大学の奇術研との交流会を行ったりしています。

ショーの観賞については、札幌にとどまらず、有志で東京や名古屋まで遠征して参加しています。また、交流会はできなくても、道外各地の大学と、知り合いを通じて、お互いの大学での活動動画や情報を共有しています。

Mr.Magician~北大祭での発表

03

毎年、北大祭で「Mr.magician」という店名で、マジック喫茶を出店しています。ここでは、喫茶店を運営しながら、注文していただいたお客さまに、目の前で見せるトランプマジックを披露するほか、約30分間のミニステージを、営業時間中何回も開いています。規模こそ小さめですが、見ごたえ・楽しさ抜群の喫茶店です。

 

《 続きは次のページへ:Magic festival~奇術研最大のイベント 》

Page1
Data

北大奇術研究会

北海道の大学生が所属する奇術研究会。北海道大学公認。
所属人数は約40人。毎週水曜日と金曜日に、サークル会館で例会を行っている。部室は353号室。


Tag :

<PR>

3分で読める!人気アクセスランキング!

関連記事

3分で読める!人気アクセスランキング!

Air-G’ ラジオ放送記事

最新の記事

Facebook

お問い合わせ Doしたい? Twitter Doしたい? Facebook