• HOME
  • 大学
  • 北海道大学
  • ネパール人シェフが作る本格ネパール料理「ネパールのカレー屋さん北18条店」

Post2014/03/25

ネパール人シェフが作る本格ネパール料理「ネパールのカレー屋さん北18条店」

ネパール人シェフが作る本格ネパール料理「ネパールのカレー屋さん北18条店」

北海道大学18条門から徒歩5分。
ネパール人シェフが作る本格ネパール料理が食べられるお店があることをみなさんご存知でしょうか。
そこで今回は、今年で一周年を迎えたネパール料理のお店「ネパールのカレー屋さん18条店」をご紹介します!


<PR>


20140325_ne_curry_01

南北線18条駅の付近の大きな看板が目印です。
ドアの横には大きなゾウの置物があなたをお出迎えするために待っています。

20140325_ne_curry_02

そして今回はなんと、ゾウたちだけでなく、当店の看板シェフである「ブサン」こと「ブサン=ラジ=シュレスタ」さんがお出迎えしてくださいました。
かつて札幌の美しさに魅せられ来日したブサンは、日本での生活は今年で3年目。
まだまだ少年のような若々しさを醸し出すブサンは最高の笑顔でみなさんを迎えてくれることでしょう。

20140325_ne_curry_03

こちらがテーブル席になります。
テーブルクロスの色合いや木材を材料とした椅子や机はどことなくエキゾチックな雰囲気を醸し出しています。

20140325_ne_curry_04

また店内に入ったら飾ってある装飾品にも注目してもらいたいです。
ふと目線を上げるだけで、ネパールを感じさせるような数多くの小物が目につきました。
こちらの画像は整列した小さなゾウたち。
可愛らしい小物は女性や子どもの目を楽しませてくれることでしょう。

20140325_ne_curry_05

そしていよいよ実食。
こちらのお店のカレーは玉ねぎとスパイスで作られた本格派で、店に入った瞬間からスパイスの香ばしい香りがあなた胃袋を刺激すること請け合いです。
そこで今回は最近出来たおすすめの新メニューである、「ココナッツチキンカレーセット」をいただきました。
スパイスのピリッととした刺激とココナッツの程よい甘さ。
対極にあるかと思われる2つの味が絶妙なハーモニーを醸し出しています。
また、口に含んだ瞬間にスパイスの香りが鼻の奥を突き抜けます。

20140325_ne_curry_08

またサイドメニューも豊富で、ラッシーなどもブサン特製の物となっておりとても人気があります。

20140325_ne_curry_06

最後に外観からはわかりにくいのですが、実はネパールのカレー屋さんには二階にも席があり、貸し切りも可能です。
また飲み放題メニューにはラッシー系のカクテルなど、お酒が苦手な人にも飲みやすく、ここでしか飲めない物も取り揃えています。
団体やグループでお酒を飲みながらカレーパーティーをするのはいかがでしょうか。

20140325_ne_curry_07

 

【編集者:北海道大学 木村司】

Data

ネパールのカレー屋さん北18条店

場所 北海道札幌市北区北17条西3丁目1−18
電話番号 011-737-0083

 

HP


Tag :

<PR>

3分で読める!人気アクセスランキング!

関連記事

3分で読める!人気アクセスランキング!

Air-G’ ラジオ放送記事

最新の記事

Facebook

お問い合わせ Doしたい? Twitter Doしたい? Facebook