Post2015/12/20

市電で行くクリスマスデート

市電で行くクリスマスデート

今回は“市電で行けるクリスマスデートプラン”です!
11月27日~12月24日まで大通公園で開催されている“ミュンヘン・クリスマス市in Sapporo”と、市電の静修学園前停留所からほど近い、「ラ・ヴォア」というレストランをご紹介します。


<PR>


クリスマス市の後は市電に乗ってディナーへ

すすきの駅から西4丁目駅行きの市電に乗って約10分、「静修学園前」という停留所から徒歩3分ほどのところに、「ラ・ヴォア」というレストランがあります。こちらは本格フレンチを、リーズナブルなお値段で気軽に楽しめるお店です。

20151220_Christmas_08

店内は、カウンター席が6席、4人掛けテーブル席が2つ、2人掛けテーブル席が1つのアットホームな空間です。ダークブラウンのインテリアで、落ち着いた雰囲気でした。今回注文したのは「ラ・ヴォア セット」。
小さな前菜とスープ、パンと自家製ホイップバター、選べるメインディッシュがついてなんと1200円。私はメインディッシュに「道産牛肉と豚肉のハンバーグ スパイス風味の鶏もも肉のフリットを添えて」を選びました。また、+200円のデザートも注文しました。

メニューはこのようになっています。ラ・ヴォアセットの他にも「ムニュ・アストル/¥1800」というコースや、「ほろ酔いセット¥1500」というものもあります。

20151220_Christmas_09

一品ずつゆっくりと運ばれてきます。まず前菜は濃厚なクリーム冷製スープや長いものキッシュ、パテなどが乗った小さなプレート。普段はこのような前菜を食べる機会はなかなかないので、わくわくしちゃいます。

20151220_Christmas_10

あつあつの丸パンには、自家製ホイップバターがたっぷりとついてきます。パンはふわふわと軽くて、それでいてしっかりバターの味もして非常に美味しかったです。贅沢にたくさん塗って頂きました。

20151220_Christmas_11

お待ちかねのメインディッシュ!運ばれてきて、思わず「綺麗!」と感嘆の声をあげてしまいました。インゲンやニンジン、赤かぶなどの野菜で彩りよく美しく飾られているハンバーグは、お肉がほろほろと柔らかく、上品なお味でした。スパイスの良い香りのする鶏肉のフリットも、良いアクセントとなっていました。ソースもとても美味しくて、残っていたパンにつけて食べたほどです。(笑)

20151220_Christmas_12

デザートにはクレームブリュレ、リンゴの赤ワイン煮、バニラアイスのプレートです。特にクレームブリュレが上はパリパリ、中はトロトロで本当に美味しかったです。

20151220_Christmas_13

このお店は昨年の9月ごろにオープンされたようで、シェフがおひとりで調理もホールもやっておられました。快く取材を受け入れてくださったシェフは、とても優しい方でした。

本格的なお料理がリーズナブルなお値段で楽しめるビストロ、「ラ・ヴォア」。大学生でも気軽に楽しい食事のひとときを過ごせるおすすめのお店です。ぜひ、行ってみてくださいね。(席に限りがあるので、予約なしで行く場合は電話で確認した方が◎です。)

ロマンチックなミュンヘン・クリスマス市の後に、市電に乗って、いつもよりちょっとだけ背伸びした気分になれるお店で美味しいディナー。皆さん、素敵なクリスマスを過ごしてくださいね。

Page2
Data

この記事に関する追加詳細情報はありません。


Tag :

<PR>

3分で読める!人気アクセスランキング!

関連記事

3分で読める!人気アクセスランキング!

Air-G’ ラジオ放送記事

最新の記事

Facebook

お問い合わせ Doしたい? Twitter Doしたい? Facebook