Post2016/02/29

【開催しました!】高校生のリアルな声に密着!「旭丘高校×Doしたい?座談会」イベントレポート

【開催しました!】高校生のリアルな声に密着!「旭丘高校×Doしたい?座談会」イベントレポート

今月2月8日、札幌旭丘高校の高校生6名と、私たち大学生が大学進学をテーマにディスカッションをするというイベントを開催しました!その様子を、企画運営を担当しました佐藤がお届けいたします。


<PR>


どんなイベント?

今回のイベントでは、札幌旭丘高校の教室をお借りして、参加を希望してくれた1・2年生の6名の高校生の皆さんと、私たちDoしたい?のメンバー、そして北大農学院生の下妻さんと北大法学部4年生の作田くんにも協力してもらい、理系・文系の2つのグループに分かれ、主に大学進学についてディスカッションをしました。

16:00 放課後

01

放課後、授業を終えた高校生たちが、会場である教室に集まり、理系・文系の2グループに分かれて座ってもらいました。イベントが始まるまで、各グループ担当の大学生と既に楽しそうに会話をしていました。

16:10 イベントスタート!

イベントが開始し、最初に当日の流れの説明をしたあと、Doしたい?編集長の長田君がイベントの趣旨・概要をプレゼンしました。ときどき冗談を挟んでみんなを笑わせながらのプレゼンに、早くも和やかムードでした。

03

そのあとは全員で自己紹介。高校生は皆さん生徒会や部活をしている方がほとんどでした。自分の特徴をネタにした面白い自己紹介をしてくれた子もいて、印象深かったです(笑)

04

自己紹介の後は、大学生が自分の通う大学の紹介や、大学生活についてなどをプレゼンしました。一人目は北大農学院に通う修士1年生、下妻萌さんのプレゼンです。自分の研究の話、海外に行った時の話など、興味深い話が盛りだくさんでした。

05

二人目は佐藤が自身の通う北海学園大学についてプレゼンをしました。校内の食堂や購買を紹介したり、ゼミについて話させていただきました。

16:40 ディスカッションスタート

06

いよいよメインのディスカッションに移りました。ディスカッションでは各グループ内で、高校生に「大学ってどんなところ?」「進路ってどう決めるの?」などをテーマにわからないことを質問してもらい、大学生がそれに答えながら、トークをするという形式です。

07

私は文系グループを担当しました。ある生徒さんは「~~の分野に興味があり、将来~~の仕事に就きたいのですが、大学の学部は経済学部と法学部、どちらがいいでしょうか?」「将来道外に就職したいのですが、大学は道内と道外、どちらがいいと思いますか?」など、就職のことも視野に入れた質問をしてくれました。また、「学びたい分野が決まっているが、どの大学に行けばその分野を学べるのか?」と悩んでいる生徒さんや、「既に志望大学のイベントに参加した」という生徒さんもいらっしゃいました。

他には、「大学の授業って難しいですか?」「講義やレポート課題などは忙しいですか?」という質問も受けました。やはり実際のところ大学生活とはどういうものなのかという疑問を抱いている高校生が一番多いのかなという印象を受けました。

08

私たち大学生も、自分の経験を踏まえながらお答えできる限りお答えしつつ、和気あいあいとおしゃべりをしました。高校生の皆さんも徐々に打ち解けてくれて、自分の考えている将来についてたくさんお話してくれました。両グループとも、笑い声が絶えないほど盛り上がっていました。

17:10 イベント終了

ディスカッションの時間は驚くほどあっという間に終わってしまいました。両グループとも会話が盛り上がっており、終了の声をかけるのがもったいなかったです。

最後に、参加者全員が感想を発表しました。高校生の皆さんからは、「大学に進学しようか迷っていたが、今日のイベントで進学したいと思った」「大学のホームぺージなど、ネットだけでは知ることの出来ない情報を得ることが出来た」「今後進路を考えるうえでとても参考になった」など、とても嬉しいコメントをいただきました。

大学生も、「自分が高校生だったころを思い出しても、ここまで進路について考えていなかった」など、驚いたという感想が多かったです。

最後に

今回のイベントを通して、参加してくれた皆さんが将来に対して真剣に考え、前向きにとらえていたということが驚きでもあり、嬉しくもありました。何より、皆さんと楽しくお話が出来て良かったです。今回の収穫をしっかりと活かし、Doしたい?はこれからも高校生の皆さんが進路を決める際に少しでもお役に立てるよう、リアルで隙間の無い情報をお届けするために邁進していきたいと思いました。イベントに参加していない生徒さんも、どんどんDoしたい?を活用してくれたら嬉しいです!最後に、今回イベントにご協力いただきました旭丘高校の職員の皆さま、鈴木先生、そして生徒の皆さんに改めて感謝いたします。

Data

この記事に関する追加詳細情報はありません。


Tag :

<PR>

3分で読める!人気アクセスランキング!

関連記事

3分で読める!人気アクセスランキング!

Air-G’ ラジオ放送記事

最新の記事

Facebook

お問い合わせ Doしたい? Twitter Doしたい? Facebook