Post2015/12/10

【市電コラボ】渡辺淳一文学館

【市電コラボ】渡辺淳一文学館

DOしたい × AIR-G’札幌市電コラボ企画第4弾!テーマは「市電でアート旅」です!
『失楽園』『遠き落日』『鈍感力』……北海道が生んだ文豪・渡辺淳一。今回は、「エリエールスクエア札幌 渡辺淳一文学館」をご紹介したいと思います。
数々の名作を生み、社会現象を巻き起こしてきた彼の生涯を、皆さんもたどってみませんか?


<PR>


渡辺淳一文学館

01

市電・中島公園通駅から徒歩約3分、道を一本中島公園寄りに入り、左側に鴨々川を臨みながら少し行くと、右側にあるのが「渡辺淳一文学館」です。

02

まず私が注目したのは、この文学館の外観。この建物は、日本建築界の第一人者・安藤忠雄が“雪面に片脚で立つ白鳥の姿”をイメージして立てており、斬新で凛とした力強さを感じました。決して大きくはなく、こぢんまりとしているのに、どこか威厳のあるたたずまいでした。

03

《 続きは次のページへ:1階~全著作がズラリ!2階~渡辺淳一のすべてがココに 》

Page1
Data

渡辺淳一文学館

※2015年12月20日の札幌市電完全 ループ化開業を記念して、来館のお客様にエリエール製品のプレゼントがあります。
キャンペーン期間:12月18日(金)~20日(日)

 

○アクセス
札幌市中央区南12条西6丁目414
・市電 中島公園通より徒歩3分、鴨々川通り沿い、札幌コンサートホール「Kitara」西隣
・地下鉄南北線 中島公園駅下車 3 番出口より徒歩8分
・JR札幌駅より車で10分
・TEL 011-551-1282

 

○入館料金
一般300円
小・中学生50円
団体割引(20名様以上) 200円
障がい者手帳をお持ちの方(ご本人さまと同伴者さま)は200円(証明書の提示が必要)

 

○開館時間
9:30~18:00(冬期<10月~2月>は9:30~17:30)
最終入館は閉館の30分前まで

 

○休館日
月曜日(祝祭日の場合は翌平日)

ホームページ


Tag :

<PR>

3分で読める!人気アクセスランキング!

関連記事

3分で読める!人気アクセスランキング!

Air-G’ ラジオ放送記事

最新の記事

Facebook

お問い合わせ Doしたい? Twitter Doしたい? Facebook