Post2016/05/11

GTR スクスト 2016/04/25放送(北海道文教大学編)

GTR スクスト 2016/04/25放送(北海道文教大学編)

<今週のゲスト>
北海道文教大学
外国語学部 国際言語学科准教授 佐野 愛子先生
学生 大里さん、ジャンさん、フンさん

毎週月曜日のこの時間はスクールストライク略して『スクスト』。主に北海道内の大学をピックアップ、実際に大学とはどんな所なのか、時には学生さん、時には先生に来ていただいてその大学の「今」をDJ龍太が、ラジオの前の皆さんと一緒の目線でお話を聞いたり考えていけたらなって思っています。

※放送音源は最後のページあります。


<PR>


さあ、今週お越しいただいておりますゲストの方、ご紹介しましょう。
今週は、北海道文教大学より外国語学部 国際言語学科准教授 佐野愛子先生、三年生の大里君。それから一年生ジャンさん、同じく一年生のフンさんに来ていただいております。

― こんばんは

全員:こんばんは

― よろしくおねがいします

全員:よろしくお願いします

air-g_20160425_02

― 皆さん、ラジオ出演っていうのは初めて?

大里君:そうです、初めての経験です。

― 先生も初めて?

佐野先生:初めてです。物凄い緊張してますけど。

― 先生って、全然緊張しているようにみえないですけど?

佐野先生:もうめっちゃ汗かいてます、今。

― あ、そうですか?おそらく三人の生徒さんは先生がいるからこそ安心して今いられるんじゃないかと思うんですけど。

佐野先生:いや、たぶん違いますね。今日はたぶん優しいんですけどいつも学生たちの方がよっぽどしっかりしているのでいつも私が失敗するところをフォローしてくれるのがこの子たちなので。

― 実際に三人は先生の授業を受けているの?

大里君:今は受けてないけれど前は受けてました

佐野先生:大里君は三年生なので今は受けてないんですけど、一年生の二人はまさに、今日も授業を受けましたね

― 今日も受けてきた?

チャンさん、フンさん:はい

― そうなんですねー 佐野先生、実際にどんな風に授業をしているんですか?

佐野先生:あの、新しいカリキュラムのコンセプトは「観光」っていうコンテンツを全て英語で学びましょうって授業なもんですから、ずっと英語でしゃべっているんですね。それで実は私今日初めて一年生の二人とは日本語で話したんですけどいつも英語で喋っていたので今回このラジオも一緒に出てみる?って言うのを英語でやってて。そういえばこの子達日本語喋れるのかな?ってちょっとさっき思ってドキドキしながら日本語で話したら普通に喋れてちょっとほっとしたんですけど。そう思うくらい全部英語で授業していますね

― チャンさんとフンさんは日本語はもう結構喋れる?

チャンさん、フンさん:はい、だいたいかな?

佐野先生:凄いペラペラなんです、本当に。読むのも書くのもペラペラで、この間も授業中に私が黒板に書いた間違った漢字を教えてくれるくらい。

― いや、時にはね、間違ってもね。

佐野先生:結構間違うんだよね。

大里君:割と間違えますよね。

―大里君、結構間違えることあった?

大里君:はい。みんなで指摘して。でもけっこう楽しくやってます、こんな感じで授業は。

air-g_20160425_01

― そうなんですか。やっぱりでもその先生という、教えるっていう立場としてもちろん真剣にしなきゃならない時もありますけどその学生さんたちに今大里君がおっしゃったように楽しくっていうのは、各先生ね違いはあれど学生の立場からすると楽しく授業を受けたいっていうのは絶対的な気持ちであるんじゃないかと俺は思うんですけど、どうですか三人は楽しい授業の方がいいなって思いますか?

大里君:もちろんそう思いますね。

― そんな中で佐野先生の授業は?

全員:楽しいですよ。一番楽しい!

― 一番楽しいを頂きました

佐野先生:GOOD JOB 大里!

全員:あははははは

《 続きは次のページへ 》

Page1
Data

AIR-G’「GTR」毎週月曜日〜木曜日 20:00〜21:45

▼ 2016年4月25日放送:「スクスト」音源

 

《ゲスト》
北海道文教大学
外国語学部 国際言語学科准教授 佐野愛子先生
学生 大里さん、ジャンさん、フンさん


Tag :

<PR>

3分で読める!人気アクセスランキング!

関連記事

3分で読める!人気アクセスランキング!

Air-G’ ラジオ放送記事

最新の記事

Facebook

お問い合わせ Doしたい? Twitter Doしたい? Facebook