Post2016/05/23

GTR スクスト 2016/05/02放送(札幌大谷大学編)

GTR スクスト 2016/05/02放送(札幌大谷大学編)

<今週のゲスト>
札幌大谷大学 学長 巌城 孝憲先生
芸術学部音楽学科准教授 高田 由利子先生

毎週月曜日のこの時間はスクールストライク略して『スクスト』。主に北海道内の大学をピックアップ、実際に大学とはどんな所なのか、時には学生さん、時には先生に来ていただいてその大学の「今」をDJ龍太が、ラジオの前の皆さんと一緒の目線でお話を聞いたり考えていけたらなって思っています。

※放送音源は最後のページあります。


<PR>


今週は、札幌大谷大学から学長 厳城孝憲 先生、同じく札幌大谷大学から芸術学部音楽学科准教授 高田由利子 先生に来ていただいています。こんばんは。

高田先生:こんばんは、よろしくおねがいします。

学長:よろしくおねがいします。

― 学長自ら来ていただいて光栄でございます。ありがとうございます。高田先生は音楽?あの入ってきた瞬間に音楽の先生だなっていう雰囲気が。やっぱり音楽の先生ってその雰囲気ありません?

air-g_20160502_03

高田先生:どうなんでしょう?自分の事はよくわかりませんが光栄でございます。

― いえいえ、凄く音楽を教えている先生っぽいなってすごい雰囲気を感じました。小学校とか中学校とか高校生の時を思い出す感じはありましたね。

高田先生:懐かしさですか?

― ありましたね。で、学長も教えている科目がありまして社会人基礎っていう。

学長:一番最初の授業ですね。建学の精神を30分くらい。いっこうの内の半分ですけどね。お話しするってまず最初の授業をですね。新一年生にとっての。全員に。

air-g_20160502_otani-01

― 新しく入ってきた全員にじゃあこの社会人基礎という授業を30分だけしているって事なんですね。学長、実際どんなお話をしているんですか?

学長:今年も4月の第1週にやったのですが、その時は1日、24時間ですけれども話を簡単に人間の73年を一生に例えますと一年生の18歳は何時に相当するか、を。午前6時なんですよ。

― 一生のまだ午前6時。

学長:これから始まる夜明けだと。ちなみに私はもう夕暮れの7時8時だと。皆さんには頑張ってほしいと。そういう話をしていましたね。

― なかなかそういう話って、角度を変えればたどり着くところかもしれませんけど、角度を変えるって部分でまずきっかけがないとそういう考えって思い浮かばない訳じゃないですか。でも、その改めてっていいますか、18歳の子たち、今まだ朝の6時だって。こういう事をお話されると、あそうかまだ朝の6時かって感じになりますよね。

学長:無限に近い可能性の始まりですよね

― そこから考えるとそういう考えにたどり着きますもんね。それで、生徒さんにまだ朝の六時なんだってここから目覚めていこうじゃないかみたいな。その授業を三十分間するわけなんですね。実際に高田先生、その授業っていうのは横で観られたりって事は無いんですか?

高田先生:まだ残念ながら受ける機会がございません。

air-g_20160502_01

― そうなんですね。でも学長、その話っていうのはもちろん新一年生の子たちにも必要ですけども、どの年代の方にも必要といいますか。ちょっと聞きたいですもんね、俺も。今俺は何時なんだろうかなっていう。私、今年41になるんですけども。結構行ってますよね、おそらく午後3時とか2時とか行ってますよね。

学長:3で割ればいいんですね。

― なるほどなるほど。

学長:13時半くらいですね。まだまだ先があります。

― じゃあご飯食べてお腹いっぱいだなー、午後からやろうかって感じだって事ですよね。なんか気が楽になったな。

学長:羨ましい。

《 続きは次のページへ 》

Page1
Data

AIR-G’「GTR」毎週月曜日〜木曜日 20:00〜21:45

▼ 2016年5月2日放送:「スクスト」音源

 

《ゲスト》
札幌大谷大学 学長 巌城孝憲 先生
札幌大谷大学 芸術学部音楽学科准教授 高田由利子 先生


Tag :

<PR>

3分で読める!人気アクセスランキング!

関連記事

3分で読める!人気アクセスランキング!

Air-G’ ラジオ放送記事

最新の記事

Facebook

お問い合わせ Doしたい? Twitter Doしたい? Facebook