Post2016/07/12

GTR スクスト 2016/06/13放送(酪農学園大学編)

GTR スクスト 2016/06/13放送(酪農学園大学編)

<今週のゲスト>
酪農学園大学 教授 阿部 茂先生
学生 桂 綾香さん

毎週月曜日のこの時間はスクールストライク略して『スクスト』。主に北海道内の大学をピックアップ、実際に大学とはどんな所なのか、時には学生さん、時には先生に来ていただいてその大学の「今」をDJ龍太が、ラジオの前の皆さんと一緒の目線でお話を聞いたり考えていけたらなって思っています。

※放送音源は最後のページあります。


<PR>


― さあ、今週は酪農大学農食環境学群 阿部 茂(あべ つとむ)教授、食と健康学類の桂 綾香(かつら あやか)さんに来てもらってます、こんばんは、よろしくお願いいたします。

全員:こんばんは、よろしくお願いします。

― 阿部先生は教授という事で阿部教授とお呼びしてよろしいですか?

阿部先生:はい、結構です。

air-g_20160613_01

― この農食環境学群というのは一体どういう事を教えているんですか?

阿部先生:これはですね、酪農学園大学って名前の通りですね簡単に言うと牛をどのように飼うかとか、きれいにして育てるかとか。あと食ですから食品の研究をしたり。あと環境ってありますから、例えば熊とかアザラシとかがどのような生態かって事を調べたりしている学部になります。

― 私、北海道で動物好きなんでね、そういう生態を調べるとかって聞くとものすごく興味が出てきてしまう訳なんですけども。桂さんもそういうお勉強をしていると?

桂さん:そうですね、私は酪農学園大学の中の食と健康学類という食品開発とか製造を主に食について学んでますのでそっちとはちょっと離れています。

air-g_20160613_rakunou-07

※「問題解決型の研究(野菜シートの開発研究)」:桂さんは、上川管内和寒町との共同で、ペポカボチャの繊維質を用いた野菜シートの開発に取り組んでいます。ペポカボチャの種はクッキーなどに使われますが、実は水気が多く食味が良くないので廃棄されていました。このペポカボチャの繊維質に着目し、ライスペーパーのような製品に加工して活用できないかと試作を行っています。開発が成功すれば、廃棄のコストを減らすこともでき、付加価値を生むこともできます。

air-g_20160613_rakunou-05

※「市場創造型の研究」:100℃以上の水蒸気で加熱処理を行うことにより、食品のエキスの損失低減や色調改善、表面殺菌などの効果が期待できる“バッチ式加熱水蒸気機器”を製パンの技術に活用できないかと実験を行っています。おいしくて栄養価の高い、新しいパンの開発が期待されます。

― また別な所があるんですね。阿部教授なんですが、食品加工学というのを担当しているんですよね?

阿部先生:食品というのは料理というのは包丁で切ったり鍋で煮たりしますけど、食品加工っていうのは基本的に機械で色々やりますのでミキサーを使ったりもしくは電子レンジのような機械を使ったり。それが実は食品加工って形になりますので料理と違うという事で食品加工学という形になります。

― ああ、そうか。料理ではないって事ですね。なるほどね。実際にどんなものを作ったりしてるんですか?

阿部先生:作るというよりも例えばレトルトカレーとか常温の、あれの作り方を教えたり、もしくは乾燥方法とか遠赤外とかそういった加工の方法を教えたり勉強したりしています。

― なるほどね。桂さんは阿部教授の授業は受けたことは?

桂さん:受けてます。

― そうなんですね。実際に授業を受けて、なんでしょう、どういう所に興味を持って自分の将来に繋がっていくみたいな事って今考えているのは?

桂さん:食品の企画開発や座学もあるんですけど実際に学校でチーズを作ったりバターやアイスを作ったり、あとは生徒と一緒になって生徒でグループを作って自分たちで考えた商品を実際に実習で作ったりしてるので。

air-g_20160613_rakunou-06

※「ゼミの様子」:食品企画開発論研究室では、食品開発で課題を抱えている企業や地域を支援する研究を目指しています。2つの研究テーマがあり、一つは未利用資源などを活用した「問題解決型」の研究。もう一つは、企業が開発した機械を使った「市場創造型」の研究です。

― はあ、自分たちで考えたものを実際に作って、それを食べてもらうっていう。

桂さん:そうですね。授業で作ってみんなの前で発表して。

― ああ、そうなんですね。阿部教授、今までみんなが作ってくれたものの中でこれは美味しかったってあってます?

阿部先生:私の授業の中で食品開発実習ってものがあるんですが、チョコレートを題材にしたものがあるんですよ。チョコレートを使って何でもいいから作ってくれ、と。それで班を分けてですね、チョコレートを使ったいろんな食材をマーケティング、消費者目線から買えるものがあるんですけども、一つのグループが面白いものを作って、餃子の皮にチョコレートを入れてそれを揚げて「チョコ餃子」って物を作ったグループが居て、さすがにこういうものはある意味学生目線じゃないとできないなっていうものが去年あったんですが面白いグループがありましたね。

《 続きは次のページへ 》

Page1
Data

AIR-G’「GTR」毎週月曜日〜木曜日 20:00〜21:45

▼ 2016年6月13日放送:「スクスト」音源

 

《ゲスト》
酪農学園大学 教授 阿部 茂先生
酪農学園大学 学生 桂 綾香さん


Tag :

<PR>

3分で読める!人気アクセスランキング!

関連記事

3分で読める!人気アクセスランキング!

Air-G’ ラジオ放送記事

最新の記事

Facebook

お問い合わせ Doしたい? Twitter Doしたい? Facebook