Post2016/12/05

GTR スクスト 2016/11/14放送(北海道大学編)

GTR スクスト 2016/11/14放送(北海道大学編)

<今週のゲスト>
北海道大学 北方生物圏フィールド科学センター
准教授 四ツ倉典滋(よつくら のりしげ)先生
学生 松下さん

毎週月曜日のこの時間はスクールストライク略して『スクスト』。主に北海道内の大学をピックアップ、実際に大学とはどんな所なのか、時には学生さん、時には先生に来ていただいてその大学の「今」をDJ龍太が、ラジオの前の皆さんと一緒の目線でお話を聞いたり考えていけたらなって思っています。

※放送音源は最後のページあります。


<PR>


― さあ今週は、北海道大学より北方生物圏フィールド科学センター 准教授 四ツ倉典滋(よつくら のりしげ)先生。北海道大学 理学部 生物科学科 4年生の松下凪さんに来ていただいています。よろしくお願いします。

全員:よろしくお願いします。

― 四ツ倉先生、この北方生物圏フィールド科学センターと言うのは。これはどういうお勉強をしてるとこなんですか。これは場所なんですか?

air-g_20161114_03

四ツ倉先生:そうですね。北海道大学には札幌キャンパス、函館キャンパスありますけれども。その他にも農場があったり牧場があったり北大の森があったり臨海施設があったりって地方施設がたくさん全道に散らばっているんですね。そこに先生もいて学生もいて、そして教育、研究をしている。そういう場所ですね。

― それがこの科学センターという……。

四ツ倉先生:そうですね。

― ところなんですねー。四ツ倉先生は何を教えてらっしゃるんですか?

四ツ倉先生: 僕は専門が海藻で、特に昆布を研究しています。

― 昆布を研究している。え、先生、昆布で何を研究しているんですか?

四ツ倉先生:北海道の昆布はどんな種類があるのか、どこから来てどうやって広がったのか。そして北海道の昆布の森を守るためにどうしたらいいんだろうか、というような事を研究しています。

― へぇー。ちなみに北海道の昆布の種類って何種類ぐらいあるんですか?

四ツ倉先生: 北海道に大体28種類。

― え、そんなあるんですか。

四ツ倉先生:はい。

― そうなんですかー。それは意外でしたね。

四ツ倉先生: ですね、はい。

― なんか俺、5種類もないんだろうなって思ってました。

四ツ倉先生:実はあるんですね。

― その昆布って、皆が今ラジオの前で頭に思い描いているあの昆布の形ばっかり。

四ツ倉先生: ではないですね。

― ではない。

四ツ倉先生: はい。紐みたいな形をしているのも昆布ですし、またワカメも昆布の仲間なんですね。

― そうなんですかー。そういうのを研究してらっしゃるということなんですね。松下さんは実際には四ツ倉先生の授業っていうのは。

松下: 授業というよりも研究室の中に所属していて。先生に研究を監督してもらっているという形になっています。

― そうなんですか。じゃあ何を研究しているんですか?

松下: 七月に先生とロシアに行って、ロシアの昆布を採集して。ロシアから北海道の方に昆布が来たっていう話を先生から伺っていたので。北海道の昆布の由来であるものがどういうものなのかというのを今研究している段階です。

air-g_20161114_02

― そうなんですか。先生、ロシアから流れてきたんですか、海?

四ツ倉先生: 元々北海道の昆布っていうのはほとんどが北海道で出来上がっているんですけども。その起源っていうのはロシアの極東域の昆布が北海道に入って、それが北海道の中で広がっていったんですね。

― 増えていったっていう。

四ツ倉先生: 種類も変わっていったっていうことなんですね。

― そうなんですか。でも昆布を研究するって聞いたことないですけど、それが未来に繋がっていくということですもんね。

四ツ倉先生: やはり昆布と言うのは、昆布だけではなくて昆布が作る海の森の中にはたくさんの魚介類が集まって生息し、昆布自体は日本の食文化を支える重要なものになっていますのでやはりそれを残していくっていう事は必要ですよね。

― そうですよね。松下さんはなぜ昆布を研究しようと思ったの?

松下: 元々一年生の時に先生の授業を一度受けていて。その時にウニが昆布を捕食するっていう話を聞いて、全く想像がつかなくて。その後学部に移行して、フィールドワークって外に出て色々物を取ったりとか現場に出る勉強に興味を持って。その時に四ツ倉先生の研究室があったので昆布の勉強をしてみようかなと思って、行ったっていう感じです。

 

《 続きは次のページへ 》

Page1
Data

AIR-G’「GTR」毎週月曜日〜木曜日 20:00〜21:45

▼ 2016年11月14日放送:「スクスト」音源

 

ゲスト

北海道大学 北方生物圏フィールド科学センター
准教授 四ツ倉典滋(よつくら のりしげ)先生
学生 松下さん


Tag :

<PR>

3分で読める!人気アクセスランキング!

関連記事

3分で読める!人気アクセスランキング!

Air-G’ ラジオ放送記事

最新の記事

Facebook

お問い合わせ Doしたい? Twitter Doしたい? Facebook