Post2017/05/08

IMAREAL スクスト 2017/04/03放送(VERSION2編)

IMAREAL スクスト 2017/04/03放送(VERSION2編)

<今週のゲスト>
株式会社VERSION2
代表 大西さん、開発担当 米塚さん

このコーナーは主に道内の大学をピックアップし現役の学生や先生を招きつつ、時にはMC森本優がスタジオを飛び出して、毎週大学のホットなストライクゾーンをピックアップしていきます。実際に大学とはどんなところなのか、そしてどんな先輩、先生がいるのか、もう一度大学に行くつもりで、進路に迷っている学生リスナーさんへ発信していきます。

※放送音源は最後のページあります。


<PR>


さて、「GTR」(前番組)という番組でもやっていましたが「IMAREAL」としては1回目の「スクスト」ということで、本日はこのコーナー「スクスト」をサポートしていただいている、「株式会社 VERSION2」から、社長の 大西昭夫さん、開発担当の 米塚康博さんにお越しいただいています。よろしくお願いします!

お二人:よろしくお願いします。

― 大西さんお久しぶりですね!

大西さん:お久しぶりです(笑

― 実は一度面識があって、

大西さん:ええ。

― ちょっと、こういった形でご一緒できるのがすごく僕うれしいです、よろしくお願いします。

大西さん:よろしくお願いします。

― 改めて、この「VERSION2」という会社、どういったサービスを提供している会社なのか教えてください。

大西さん:はい、今日は社員研修ということで、うちの開発のリーダーを務めてます・・・

― おお!VERSION2さんもそういう時期ですか!

大西さん:はい(笑

― では、米塚さん、お願いします。

米塚さん:弊社はですね、大学向けの「eラーニングシステム」というのを開発している会社になります。

― 「eラーニング」僕も実はこれ大学時代、触れてきたことあるんですけど、具体的にこの「eラーニング」ってどういうものなんですか?

米塚さん:大学なんかで学生さんが、パソコンを使って、授業を受けたりですとか、試験を受けたりすることがあるんですね。そういった機会にパソコンを使った教材ですとか、その学生さんが受けた教材の成績を集計したり、成績を出したりですとかすることができるシステム、そういったものを開発しております。

― まさに僕も行っていた大学で、おっしゃてる通りのことを僕はやってましたから(笑

お二人:あ、ははは(笑

― 本当に身近なeラーニングですけども。

米塚さん:はい。

― 会社のお話になりますと、お二人は、「VERSION2」で、大西さんは「社長」ということですけれども、どういった業務をされてらっしゃるんですか?

大西さん:そうですね、私は全国各地の先生のところをぐるっと回ってですね、何か新しいものを作ったりとか、学会とかに出て、先生と一緒に「こんなもの作りました!」って発表したりとか、そういう所を私はやってます。

― 最近だと、どうゆうものが開発されてるんですか?

大西さん:最近だと、ちょっと「eラーニング」とは違うんですけど、例えば「英語で論文書きます」と、

― おおー。

大西さん:そうすると書いてると、色んな論文から集約したデータを出してきて、「こういう時はこういう様な論文をみんな書きますよ」とか、

― 「傾向が分かる」

大西さん:ええ。

― へえー!

大西さん:で、半分自動で書いてくれるというか。

― ええー!すごいですね!

大西さん:はい。そういう様なシステムをですね、一緒に研究してます。

 

《 続きは次のページへ 》

Page1
Data

AIR-G’「IMAREAL」毎週月曜日〜木曜日 19:30~21:40

▼ 2017年04月03日放送:「スクスト」

 

ゲスト

株式会社VERSION2

代表 大西昭夫さん 開発担当 米塚康博さん


Tag :

<PR>

3分で読める!人気アクセスランキング!

関連記事

3分で読める!人気アクセスランキング!

Air-G’ ラジオ放送記事

最新の記事

Facebook

お問い合わせ Doしたい? Twitter Doしたい? Facebook