Post2017/06/05

MAREAL スクスト 2017/05/01放送(北海道文教大学編)

MAREAL スクスト 2017/05/01放送(北海道文教大学編)

<今週のゲスト>
北海道文教大学
外国語学部国際言語学科 准教授 佐野愛子 先生

このコーナーは主に道内の大学をピックアップし現役の学生や先生を招きつつ、時にはMC森本優がスタジオを飛び出して、毎週大学のホットなストライクゾーンをピックアップしていきます。実際に大学とはどんなところなのか、そしてどんな先輩、先生がいるのか、もう一度大学に行くつもりで、進路に迷っている学生リスナーさんへ発信していきます。

※放送音源は最後のページあります。


<PR>


― さて今週は、北海道文教大学 外国語学部 国際言語学科 准教授 佐野愛子先生にスタジオにお越し頂きました。よろしくお願いします。

佐野先生:よろしくお願いします。

― 初めましてですね。

佐野先生:初めまして、よろしくお願いします。

― 前の番組でね、お声は聞いてたので、

佐野先生:あ、そうですか?ありがとうございます。

― 改めてなんですけれども、佐野先生が「外国語学部 国際言語学科」ということで、どんなことを生徒さんに教えてらっしゃるんですか?

佐野先生:はい。外国語学部の方で主に英語を教えているんですけれども、あとは英語教育学といいまして英語の先生になりたい学生に対してどういう風に英語を教えるのがいいかということを教えています。

― へえー!じゃあシンプルに学生として授業を英語とってる子と先生になりたいと、教え方って全然違いますよね。

佐野先生:そうですね。教職の科目になるんですけれども、ま、あのー先生になろうという子供たち、学生たちのために教授法というのを教えたりするんですけど、はい。

― 「教えるための教え方」をしているわけですね。へー!難しいですね!しかも英語ってなると、相手が日本人に教えるのかとかにもよって色々と変わってきそうですけど・・・

佐野先生:そうですね、教職の方は基本的に中学校や高校の先生になる志望の学生なので基本的には日本人に教えることが多いんですけれども、今はやっぱりあのー、学校現場の中にも色んなバックグラウンドを持っている方が入ってきているので、「色んな事を考えなければいけないかな」と思いますね。私自身の専門はバイリンガル教育なのでそういう視点を入れながら教えています。

― 初めて聞きましたバイリンガル教育って(笑 、そういうのもあるんですね。

佐野先生:そうですね。

― ちなみに先生はこの道を目指そうと思ったきっかけっていうのは何かあったんですか?

佐野先生:教員になったきっかけを話すと実はちょっと長いんですけど(笑

― あ、そうなんですね(笑 、でも結構想いがあるわけですね。

佐野先生:そうですね~。

― 中でも英語っていうジャンルにもともとお好きだったんですか?

佐野先生:実は私、大学は法学部だったので、元々教員の道を目指したときは社会科の教員を目指していたんですけれども、私元々イギリスに留学していたこともあって、英語が得意だったので「英語の教員にもなりたいなぁ」という風になって、で、色んな経緯がありましたけれども、それで結局英語を教えています。

― じゃあ大学に入るまではもしかしたら考えてなかった道?

佐野先生:そうなんですね、はい。あのー、うちは父が教員だったので、「せっかく大学に行くなら教員免許くらいとればいいんじゃないか?」と言われたのが最初のきっかけで、ただあのー、教育実習に行ったらすごく楽しくてですね、「やっぱりやりたいな。」と思ってそれでこっちの道に入ってきました。

― なるほど。いやほんとに、どこに行って何を経験するかで進路って変わってきますよね。

佐野先生:そうですね。ほんとにちょっとしたきっかけで進路って変わるなと思います。

― そうやって英語を教えていく中で先生の面白いなって思う瞬間とかってありますか?

佐野先生:やっぱりですね、私結局「言語」を教えていてほんとに良かったなと思うのは、やっぱり自分はおしゃべりするのがとても好きなので(笑 、コミュニケーションをして通じたなっていう風な瞬間がね、学生たちが喜んでくれる瞬間を見るとやっぱりすごくやりがいを感じますね。

 

Page1
Data

AIR-G’「IMAREAL」毎週月曜日〜木曜日 19:30~21:40

▼ 2017年05月01日放送:「スクスト」

 

ゲスト

北海道文教大学
外国語学部国際言語学科 准教授 佐野愛子 先生


Tag :

<PR>

3分で読める!人気アクセスランキング!

関連記事

3分で読める!人気アクセスランキング!

Air-G’ ラジオ放送記事

最新の記事

Facebook

お問い合わせ Doしたい? Twitter Doしたい? Facebook