Post2017/07/31

MAREAL スクスト 2017/06/26放送(室蘭工業大学編)

MAREAL スクスト 2017/06/26放送(室蘭工業大学編)

<今週の内容>
室工大インフォメーション

このコーナーは主に道内の大学をピックアップし現役の学生や先生を招きつつ、時にはMC森本優がスタジオを飛び出して、毎週大学のホットなストライクゾーンをピックアップしていきます。実際に大学とはどんなところなのか、そしてどんな先輩、先生がいるのか、もう一度大学に行くつもりで、進路に迷っている学生リスナーさんへ発信していきます。


<PR>


― さぁ今週は、「室工大インフォメーション」です。本日は、室蘭工業大学 清水先生にお越し頂いています。よろしくお願いします。

清水先生:よろしくお願いします。

― 一か月ぶり、ですね。

清水先生:はい。

― この一か月、先生、もう学生さんたちはテスト期間とかですか?

清水先生:いえ、まだ授業やってまして、

― あ、まだ授業中なんですね。

清水先生:はい、授業は15回ありますので、まぁ、8月の1日から試験になりますね。

― じゃあまだまだ先ですね。

清水先生:そうですね。

― と言いつつも、まぁ、後半に差し掛かって来てる訳ですよね、前期としては。

清水先生:はい。

― どんな今内容を先生教えてらっしゃるんですか?

清水先生:私はまぁ前回も言いました様にものづくり系なんですけど、エンジンの構造とかですね。

― エンジンの構造

清水先生:はい。熱力学っていうのをやってまして、ま、熱っていうのは皆さん知っての通り高いところから低いところしか流れないので、必ずそのエネルギーがどうやって流れて、物が動くかとか、そういう様なことをやっていますね。はい。

― 以前あの先生がお越しいただいた時に、ジンギスカン鍋の話もさせて頂いて、僕もあれからジンギスカンのお店何回か行ったんですけど、やっぱ先生に会ったからかすごい見ちゃうんですよね。構造を。

清水先生:そうなんですね~。

― 四角いものがあったりとか、あと丸いものとか色々あるんですけど、先生、改めてどういうものが伝わりやすいとかっていうのってあるんですか?

清水先生:まずですね、鉄っていうのは熱伝導率が高いので、温めにくいんですけどあったまったら中々冷えない。

― うん。

清水先生:だけどあの皆さんご存知のようにアルミとか銅は早くあったまるんですけど早く冷えますので、やはり鉄っていうのは蓄熱して非常に良いんですね。皆さんが世の中で一番よく知ってるのは、「お風呂」。

― お風呂。はい。

清水先生:あれは実は外側がホーローですけど中は鉄ですから。

― え、お風呂って中鉄なんですか?

清水先生:そうです。中々知らないんですけどね。

― え、全然知らなかったです。

清水先生:ええ、だから外側はちゃんとラッピングしてるんですけど、中は実は鉄なんです。

― そうだったんですか!

清水先生:だから冷えにくいんです。

― へー!知らなかった!

清水先生:だからあの昔のお風呂は五右衛門風呂とかありますよね。

― はいはい。

清水先生:あれは鉄で出来てますんで。

― そうですよね。じゃあ今もそれは、一緒なんですね。

清水先生:一緒です。

― それは知らなかった。そういうことも教えてくれるんですね?

清水先生:まぁ、聞かれればですけど、なかなかお風呂の構造とか教えませんけど(笑 、物ってそうやって作るんですね。

― そうだったんですね。まあ、そんなことも先生に教えて頂けたり、ほかの先生もね、たくさんいらっしゃるのでいろんなジャンルの「工学」ま、工業のね、お話聞けると思うんですが、そんな室蘭工業大学、「インフォメーションキャラバン」というのが開催されると、いうことで。これは僕からお話したらよろしいですか?先生お願いしてもいいですか?

清水先生:分かりました。はい。では話しましょう。

― はい、お願いします。

清水先生:毎年ですね、7月の第1週か2週、今回は7月8日、9日、土曜日曜日でですね、紀伊国屋書店の札幌本店の1階の「インナーガーデン」で1日目は「ものづくり教室」、2日目は「出前授業」と。特に今回は、ものづくりでは、オリジナルキーホルダーを錫を溶かしてですね、実際に作ってみたりとか、することができます。

― オリジナルキーホルダーづくり、これはよく聞きますけど、「錫を溶かす」ところから始めるんですか?

清水先生:ま、鋳造、ものづくりですから。

― はいはい。

清水先生:金属ってのは温度を上げると必ず液体になりますので。

― そうですね。

清水先生:液体になるといろんな形ができます。その形をシリコンで作って自分の好きなキーホルダーを作ろうと。

― え、これ紀伊国屋でで出来るんですか?

清水先生:はい出来るんですねこれが。火を使うのはまずいじゃないですか。でも今IHという・・・。

― なるほど

清水先生:非常に、鍋で溶ける金属ですので。

― じゃあ錫を鍋で溶かして、

清水先生:それを流し込んで形にすると。

― そういうのが体験できると。その他にも受験情報なども、知れることができるんですよね。

清水先生:そうですね。はい。高校生、あるいは親御さんが「室工大ってどんなことやってどんな就職先があるのか。」っていう相談にも乗ることができますし、2日目は、今回は女子教員の先生方、ダイバーシティでですね、今非常に盛んになってますけど、女子の先生もですね、どんどん増えてまして、その女子の先生に3つの講義をやって頂くようになっています。

― なるほど。やっぱり最近学生自体も女性、女の子って増えてるんですか?

清水先生:そうですね、今大体3000人くらいいますけど、300人くらい、1割が女性になりますね。

― でも1割なんだ。

清水先生:そうですね。

― これって増えてきてるんですか?

清水先生:少しずつ増えています。しかしながらやっぱりね、ものづくりって「男性」っていうイメージがあるじゃないですか。そうじゃないんですよね。実は女性の感覚とかいろんなところで女性が働く場はすごい増えてますので、ぜひあの理系といってすぐ医学部とかそういうところ行くんではなくて、工学系にもぜひ目を向けて欲しいなっていうふうに思います。

― そういうなんか視野が広がるきっかけになりますからね。

清水先生:はい。

― ぜひ、こちらの紀伊国屋札幌本店1階、「インナーガーデン」で、7月8日土曜日と9日日曜日に行われます「室蘭工業大学インフォメーションキャラバンin Sapporo」、ぜひ足を運んでください。

そしてもう1つ、やっぱり行って欲しいといえば「室蘭工業大学」ですけれども、オープンキャンパスもあるんですよね?

清水先生:そうですね、8月の第1週になります。これは毎年ですね、2000人くらい来て頂いてますんで、ぜひですね、それぞれの学科でいろんな体験ができますので、来ていただければなというふうに思います。

― 先生は今回何かされるんですか?

清水先生:ものづくり基盤センターの方で待機してますので。

― はい、待機してると(笑

清水先生:はい、待機してますので(笑

― じゃあ、先生と何か一緒にできるわけですね。

清水先生:はい、ものづくりができます。

― ぜひ皆さん足を運んでみてくださいね。そして「インフォメーションキャラバン」、そして、オープンキャンパスについて詳しいことは、室蘭工業大学のホームページ、ぜひご覧ください。でですよ先生・・・

清水先生:はい。

― もうこうやってしゃべりながらも、僕は終始スタジオの机の上に目がいっちゃうんですけど・・・

清水先生:はい。

― 先月ですかね、エンディングでジンギスカン鍋の話をしたところ、なんと持って来ていただいた・・・

清水先生:はい。

― 目の前にですね、これ先生が作ったんですか?

清水先生:えーこの形、これはもう今量販店ですね、色んなメーカーに作って頂くんですけど、設計は私たちがやりました。

― これ北海道の形してますよね、お鍋。

清水先生:そうです、そうなんです。

― で、ほんとにいわゆる鉄鍋、で、これサイズ的には一人用ですか?

清水先生:そうです、寂しいかもしれませんが一人用です。

― でも僕が両手で丸く抱えたとしても丁度いいぐらいの大きさなんで結構なサイズあるんですよ。でちょうどあの、ジンギスカン鍋って、丸くこう・・・上にドームのような形がしてるじゃないですか。で、中心が十勝辺りになるような仕組みになってるんですけど、これは今回、持って来ていただいた理由ってなにかあるんですか?

清水先生:ぜひですね高校生に触って頂きたいなと思いまして、プレゼントしたいと思います。

― ええ!!プレゼント!?

清水先生:はい。

― していただけるんですか?

清水先生:はい。ジンギスカン鍋だけではなくて、パエリア鍋まで。

― セットで!?

清水先生:はい。

― パエリア鍋ってのは・・・、

清水先生:1名ずつ、1名ずつにした方がいいかなと思いますけど(笑

― あ、1名ずつですね(笑 、今すごい僕欲しくて欲張っちゃいましたけど、あ、こちらがパエリア鍋、いわゆる大きいパエリアのお皿みたいな、

清水先生:そうですね。

― 丸皿。

清水先生:はい。

― ですよね。

清水先生:これはIH対応ですので、非常に私もあの、家で、お米から作ったらおいしいですね。

― へぇ~すごい!だってこれホームパーティとかで出てきたらめっちゃテンション上がりますよね。

清水先生:皆さんこれキャンプによく持って行かれてますね。

― ああ~。いいですね。

清水先生:ダッチオーブンと一緒にですね。

― これからの時期良いですよね。ジンギスカン鍋はこれはどういうふうに使うんですか?

清水先生:これ普通にガスコンロでできます。

― あ、ガスコンロで、

清水先生:七輪だとさしがこうね、入ってますよね。

― はいはい。

清水先生:それが無いっていうのは、ま、ガスコンロでやるという、家の中でやれるように。

― ええー、そういうことなんですね。で、しっかり「室蘭工業大学」っていうね、文字も入ってますし、これ格好いいですね。

清水先生:実はあの、自分用のやつを作ろうと思ったら、発注承ってますので。

― ああ、なるほど。僕が欲しいと思ったら、先生に言えばいいと、

清水先生:で、ここのとこに「AIR-G」とか入れることができます。

― え!ほんとですか?

清水先生:はい。

― ちなみに、これちょっと後で、1つ辺りのお値段とか個人的に聞いて、頼みたいなって思います。チームIMAREALでちょっとパーティとかやるときに使えると思うんで。

清水先生:いやこれは絶対いいと思いますよ。

― で、これを、改めてですけど、お一人ずつ、ジンギスカン鍋とパエリア鍋をお一人ずつにプレゼントできると!

清水先生:はい。

― ありがとうございます!

清水先生:はい。

― ということでIMAREALリスナー諸君、「欲しい!」という思いを番組宛に書いて送ってください。どっちでもいいっていう方はどっちでもいいんですけど、「パエリア鍋欲しい。」とか「ジンギスカン鍋欲しい。」というメッセージがあるとすごく嬉しいです。先生ありがとうございます。プレゼントまで頂だいて。

清水先生:いえいえ、こちらこそ、はい。

― で、また来月もですね、先生にご出演頂けるということですので、楽しみにしております。

清水先生:よろしくお願いします。

― 今週は、室蘭工業大学の清水先生にお越し頂きました。ありがとうございました。

清水先生:ありがとうございました。

― 今週のスクールストライク「室工大インフォメーション」をお届けしました。

Data

AIR-G’「IMAREAL」毎週月曜日〜木曜日 19:30~21:40

2017年06月26日放送:「スクスト」

 

ゲスト
室蘭工業大学 教授 清水一道さん


Tag :

<PR>

3分で読める!人気アクセスランキング!

関連記事

3分で読める!人気アクセスランキング!

Air-G’ ラジオ放送記事

最新の記事

Facebook

お問い合わせ Doしたい? Twitter Doしたい? Facebook