札幌学院大学

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
札幌学院大学
Sapporo Gakuin University.JPG
大学設置 1968年
創立 1946年
学校種別 私立
設置者 学校法人札幌学院大学
本部所在地 北海道江別市文京台11番地
北緯43度3分59.7秒 東経141度29分38.2秒 / 北緯43.066583度 東経141.493944度 / 43.066583; 141.493944座標: 北緯43度3分59.7秒 東経141度29分38.2秒 / 北緯43.066583度 東経141.493944度 / 43.066583; 141.493944
キャンパス 第1キャンパス
第2キャンパス
学部 経営学部
経済学部
人文学部
法学部
心理学部
研究科 法学研究科
臨床心理学研究科
地域社会マネジメント研究科
ウェブサイト 札幌学院大学公式サイト
テンプレートを表示

札幌学院大学(さっぽろがくいんだいがく、英語: Sapporo Gakuin University)は、北海道江別市文京台11番地に本部を置く日本私立大学である。1968年に設置された。大学の略称は札学、札学院、学院。

概要[編集]

1946年(昭和21年)に創立された札幌文科専門学院を前身とする。学校法人札幌学院大学の運営で、当初は札幌商科大学(さっぽろしょうかだいがく、英語: Sapporo College of Commerce)として設置され、1984年に札幌学院大学と改称された。 経営経済人文社会情報臨床心理の6学部9学科からなる文系大学である。

沿革[編集]

札幌文科専門学院時代[編集]

  • 1946 - 札幌文科専門学院(経済専攻・法科専攻・文科専攻各3年制)創立。現在の札幌市中島公園内の旧農業館において開校。
  • 1949 - 文専同窓会「文泉会」発足。

札幌短期大学時代[編集]

  • 1950 - 学制改革により短期大学に昇格、札幌短期大学(商業科・英文科)として開学。
  • 1951 - 札幌短期大学に商業科第二部を設置
  • 1955 - 札幌短期大学、南8条西16丁目に校地を取得して移転。
  • 1956 - 図書館開館、学生の閲覧開始。開学10周年記念式典挙行。
  • 1961 - 創立15周年記念式典挙行。
  • 1966 - 札幌商科大学校地として江別市西野幌(現・文京台)に103,062.50㎡の土地取得。
  • 1967 - 学校法人札幌短期大学を学校法人名和学園に名称変更。

札幌商科大学時代[編集]

  • 1968 - 札幌商科大学(商学部商学科)を江別市文京台11番地において開学。
  • 1971 - 札幌商大に電子計算機センター開設。
  • 1974 - 全学教職員大会において全会一致で札幌短大の札幌商大校地への移転の必要性を確認。
  • 1975 - 札幌短大の四者協議会において、札幌短大を発展的に解消、札幌商大商学部に経済学科、人文学部及び商学部第二部を設置することを確認。
  • 1976 - 札幌商科大学に商学部経済学科が設置される
  • 1977 - 札幌商科大学に人文学部人間科学科、人文学部英語英米文学科、商学部第二部が設置され、札幌短期大学が学生募集を停止する。
  • 1978 - 札幌短期大学閉学(札幌商科大学に統合)。札幌商科大学開学10周年記念式典挙行。札幌短大と札幌商大の同窓会が融合した「札幌商科大学文泉会」発足。
  • 1983 - 札幌商科大学に法学部法律学科が設置される。札幌学院大学への校名変更認可。

札幌学院大学時代[編集]

  • 1984 - 札幌学院大学に大学名変更。法学部(法律学科)を設置。
  • 1987 - 創立40周年・大学開学20周年記念式典挙行。「大学賛歌」「応援歌」発表。
  • 1990 - 学校法人名和学園を学校法人札幌学院大学に名称変更。
  • 1991 - 札幌学院大学の商学部経済学科が学生募集を停止(1996(平成8)年7月廃止認可)、札幌学院大学に社会情報学部社会情報学科、経済学部経済学科設置
  • 1995 - 札幌学院大学大学院 法学研究科法学専攻修士課程設置
  • 1997 - 創立50周年記念式典・祝賀会を開催。創立50周年記念モニュメント「KIPPATO」(製作者:流正之)除幕式。「写真集札幌学院大学50年」を刊行。ビデオ版「札幌学院大学50年-さらなる時代の扉を開け-」を制作。学園創立50周年記念連続公開講演会を開催。学生プラザに大学の木「キタコブシ」など記念植樹。
  • 2000 - 札幌学院大学大学院 臨床心理学研究科臨床心理学専攻修士課程設置。札幌学院大学アクティブセンター開設(札幌市中央区北1条西8丁目STV北1条ビル別館)
  • 2001 - 札幌学院大学、人文学部臨床心理学科設置。創立55周年記念「演奏会-ポルトガルギターとマンドリンの集い-」を開催。電子ビジネス研究センター開設。
  • 2003 - 札幌学院大学大学院 地域社会マネジメント研究科地域社会マネジメント専攻修士課程設置。商学部第二部商学科学生募集停止(2006(平成18)年9月廃止認可)
  • 2006 - 札幌学院大学、人文学部こども発達学科設置
  • 2007 - 商学部第二部廃止。商学部第一部を商学部に名称変更。
  • 2009 - 札幌学院大学、商学部を改組し、経営学部経営学科、会計ファイナンス学科を設置
  • 2014 - 社会情報学部の学生募集を停止
  • 2017 - 創立70周年記念式・心理学部開設記念講演会を開催。
  • 2018 - 心理学部設置。人文学部に設置していた臨床心理学科を移管

基礎データ[編集]

理念[編集]

  • 自律(自律する力を育てる大学)
  • 人権(人権を尊重する大学)
  • 共生(地域と共生する大学)
  • 協働(構成員で創りあげる大学)

象徴[編集]

校章[編集]

1984年(昭和59年)の札幌学院大学への校名変更に基づき現在のものになった。上部は成長、下部は創造、中部は交流を意味していて、中部にシンボルマークが配置されており、全体的にアイヌ紋様に似せたものになっている。

シンボルマーク[編集]

Sapporo Gakuin University の頭文字であるSGUをモチーフに、この3つの頭文字をつなげたもので人類文化に発展貢献と可能性を表現している。

キャンパスカラー[編集]

キャンパスカラーとしてSGUブルーを制定している。

校歌[編集]

現在の校歌は1969年の札幌商科大学時代に作成されたものを現在まで受け継いでいる。作詞は田村 一郎。作曲は青木 祐明で補作・編曲は広瀬 量平。

マスコットキャラクター[編集]

エゾリスが札幌学院大学のマスコットキャラクターであり、第二キャンパスや隣接する野幌森林公園で実際のエゾリスを見ることができる。愛称は「ブラウニー」。

[編集]

学校の木は常緑針葉樹であるエゾマツ(マツ科)としていて、勇気を希望へすることを表現している。

[編集]

学校の花は広葉樹のキタコブシ(モクレン科)であり花言葉である友情、友愛と息吹・活力を表現している。

教育目標[編集]

  1. 自律した人間の育成(自ら意欲をもって学び、自らの職業と人生を主体的に切り拓くことのできる自律した人間の育成)
  2. 豊かな人間性の育成(幅広い教養に基づく豊かな人間性と個性とを備えた人間の育成)
  3. 社会を担いうる人間に育成(自ら主体的に課題を探求し、広い視野に立って柔軟かつ総合的に判断する能力を備えた社会に貢献しうる人間の育成)
  4. 専門職業人の育成(大学院においては、専門領域の高度な学識と技能を身につけることを通して、専門職業人として社会の先端で活躍できる人材の育成)

学部・学科[編集]

大学院[編集]

学生生活[編集]

学園祭[編集]

毎年6月下旬に札幌学院大学において開催される。

スポーツ[編集]

  • 硬式野球部は札幌六大学の一つ。陸上競技部が強豪で全日本大学駅伝出雲選抜駅伝の常連校である。
  • 弓道部は男子・女子共に北海道学生弓道連盟1部リーグに所属する強豪であり、男子は平成6年に全日本学生弓道王座決定戦において準優勝、女子も平成22年に全日本学生弓道女子王座決定戦にて準優勝の実績がある。
  • ソフトテニス部は全道大学対抗リーグ戦において18度優勝するなど、強豪校として数々の輝かしい成績を残している。この他、ウィンタースポーツが盛んで五輪選手も輩出している。
  • アメリカンフットボール部は北海道学生1部リーグに所属。2012年度秋季リーグ戦では全勝の末、19年ぶりの優勝を果たしている。
  • カーリングは第7回全日本大学カーリング選手権大会において男女ともに日本一になっており、第25回日本ジュニアカーリング選手権大会(日本ジュニア選手権)において男子チームが日本一になり日本代表になっている。

大学関係者と組織[編集]

大学関係組織[編集]

札幌学院大学のOB・OG会として「文泉会(ぶんせんかい)」という名前のついた組織がある。

1949年(昭和24年)8月に「札幌文科専門学院同窓会」として設立。その後1952年(昭和27年)6月に「札幌短期大学同窓会」として、1975年(昭和50年)3月に「札幌商科大学同窓会」としてそれぞれ設立した。のちに1978年(昭和53年)10月に札幌短期大学同窓会と札幌商科大学同窓会と融合し札幌商科大学文泉会(同窓会)となり、1984年(昭和59年)の大学名改称に伴って「札幌学院大学文泉会」と改称した。

「札幌学院大学文泉会」は道内に28支部、道外に7支部を置き、総会員数は2010年6月1日現在、43,572名を数える[1]

大学関係者一覧[編集]

施設[編集]

第一キャンパス[編集]

1号館
  • 教室、法廷教室、演習室、研究室、院生研究室、院生共同研究室など
2号館
  • 教室、演習室、音楽室、図書館書庫
3号館
  • 調査実習室、理事長室、常務理事室、学長室、名誉教授室、非常勤講師室など
  • 政策推進課、広報課、総務課、財務課、管財課、入試課、教務課、大学院・研究課
A館
  • 小教室、研究室、院生研究室、社会調査資料室・実習室、国際交流ラウンジ、考古学資料展示室、心理臨床センターなど
B館
  • 教室、視聴覚室
C館
  • コンピュータ教室、演習室、実験室、研究室、共同研究室、電子計算機センターなど
D館
  • 教室、キャリア支援課
E館
F館
  • 生協売店、部室、自治会室、合宿所、会議室など
G館
札幌学院大学G館
図書館研究棟
  • 図書館、研究室
建学記念館
  • 学部、大学院の講義は主に1~2号館、A~E館の各教室において行われる。
  • 各棟は通路、渡り廊下などによって一つにつながっている。
かつてあった施設(解体済)
  • 第1体育館、講堂、厚生会館、学生会館、大学生協、学生食堂
  • 使用学部: 全学部
  • 使用研究科: 全研究科

交通アクセス[編集]

第二キャンパス[編集]

  • 附属施設: 体育センター、第2学生館、陸上競技場、テニスコートアーチェリー場、総合体育館(トレーニングルーム付)など
  • 住所: 北海道江別市西野幌699

この第二キャンパスには、体育施設のみしかない。なお、元札幌香蘭女子短期大学の校地で、当時の建物の一部も現存している。

また、それぞれのキャンパスには北翔大学が近接して位置する。

社会連携センター[編集]

社会連携センター

この社会連携センターには、生涯学習のための講座コミュニティ・カレッジを開設している。

対外関係[編集]

海外留学提携[編集]


脚注[編集]

[ヘルプ]

関連項目[編集]

注釈[編集]

参考文献[編集]

  • 記念誌編集委員会 『学園創立40周年・大学開学20周年記念誌』 学校法人名和学園 札幌学院大学、1987年
  • 札幌学院大学50年史等編集委員会 『写真集 PROMETHEUS札幌学院大学50年』 学校法人札幌学院大学、1997年
  • 札幌学院大学50年史等編集委員会 『札幌学院大学50年史 通史編』 学校法人札幌学院大学、2000年
  • 札幌学院大学50年史等編集委員会 『札幌学院大学50年史 資料編』 学校法人札幌学院大学、2000年
  • 「学園創立70周年・大学開学50周年記念事業」推進委員会 『70年のあゆみ、100年への始まり。』 学校法人札幌学院大学、2017年


外部リンク[編集]