Post2015/05/18

北海道大学の行き方(北18条編)

北海道大学の行き方(北18条編)

以前に北海道大学の札幌駅からの行き方を記事にしました。しかし、一人暮らしで北大に通う人は北区に住む人が多く、北18条側の入り口から大学に行くことが多いです。また、1年生のころは北18条側の校舎での講義が多いそうです。

 

そこで、今回は北18条駅から北大への行き方とおまけで、北大内の建物をいくつかご紹介します!編集部長田が往復2km程度の散歩をしながら行ってまいりました!


<PR>


20150518_hokudai_01

こちらは北18条駅です。この出口を背中に真っ直ぐ直進すると北海道大学に行くことができます。

20150518_hokudai_02

ちなみに地下鉄の出口は2つあります。こちらの出口から出た場合は、出口を背中に左に真っ直ぐ進みます。

20150518_hokudai_03

進んでいく道はこのような道です。少しわかりにくいのですが、奥にアパマンショップが見えます。アパマンショップがある方に直進で覚えるとわかりやすいです。

20150518_hokudai_04

気になる焼き鳥屋さんを発見。学校の行き方をリサーチしているとついつい、美味しそうなお店に目がいってしまいます。こちらのお店は壁に生えている植物が近くで見ると北海道の形に見えるのです。

20150518_hokudai_05

早くも北大の入り口です。ここまで約500m程度です。北17条西6丁目の標識がありますね。ここから構内に入っていきます。

20150518_hokudai_06

入り口はこのようになっています。こちらが北18条側のキャンパスの入り口です。北区で一人暮らしをして、北大に通う方は何度も通る道になるはずです!

構内に入りましたが、せっかくなのでいくつか建物の写真をご紹介します!

20150518_hokudai_07

20150518_hokudai_08

高等教育推進機構と書かれています。

20150518_hokudai_09

北大は構内が広いので、写真の様に自転車を利用している人がたくさん!構内に自転車置場がたくさんあったり、自転車で移動している人を多く見かけます。

20150518_hokudai_10

フロンティア応用科学研究棟は、主に工学部に活用されているそうです。

20150518_hokudai_11

医学部の校舎があります。

20150518_hokudai_13

この一部の十字路だけで看板がたくさん。北大にはこのような十字路がいくつもいくつもあります。

20150518_hokudai_14

構内には池もあるんです。この日は誰もいませんでしたが、休み時間に憩いの時間を過ごしている学生や、散歩で来た一般の市民の方が座ってたたずんでいるのをよく見かけます。

20150518_hokudai_15

こちらは北大総合博物館です。現在は工事中で2016年の秋頃まで入館ができないそうです。一般市民の方も入館できる施設なので、工事が終わったらぜひ足を踏み入れてみたいですね!

20150518_hokudai_16

こちらはクラーク会館です。けっこう歩いたので北10条くらいまで来ました。(1kmくらいさきほどの入り口から歩きました。)今回紹介しきれませんでしたが、図書館や学食など学生以外も利用出来る場所がたくさんあるのが北大です。四季に合わせて、桜や紅葉など様々な景色を楽しむこともできるので、ぜひぜひ北大には、志望する人も志望しない人も一度行ってみてくださいね!

これで今回のご紹介をおわります!

 

Data

この記事に関する追加詳細情報はありません。


Tag :

<PR>

3分で読める!人気アクセスランキング!

関連記事

3分で読める!人気アクセスランキング!

Air-G’ ラジオ放送記事

最新の記事

Facebook

お問い合わせ Doしたい? Twitter Doしたい? Facebook