• HOME
  • 特集記事
  • 学生アプリ開発者は、こんなことを考えています。【北海道学生アプリコンテスト イベントレポート】

Post2015/03/22

学生アプリ開発者は、こんなことを考えています。【北海道学生アプリコンテスト イベントレポート】

学生アプリ開発者は、こんなことを考えています。【北海道学生アプリコンテスト イベントレポート】

北海道の学生によるアプリ開発コンテストの表彰式が先日、札幌市で開かれました。表彰式ではコンテストの上位入賞者によるプレゼンテーションやトークセッション、アプリ界の第一人者である『世永玲生』氏の講演といった盛り沢山な内容のイベントでした。


<PR>


僕自身は普段、アプリを開発している大学生が集まる場所に訪れる機会が少ないので、アプリ開発にチームで取り組み一喜一憂・・といった生活をしている大学生もいるのだなぁ!と実感でき、とても新鮮でした。今回は、表彰されたアプリの紹介と、表彰式後の受賞者代表によるパネルディスカッションの様子をお届けします!

北海道学生アプリコンテストとは

HPによると、

本コンテストは道内の学生を対象に、意欲あるプログラマや起業家候補の発掘・育成を図ることを目的として実施するものです。応募作品は、専門家によるアドバイスを受けることができ、優秀な作品は北海道経済産業局長表彰と審査委員長特別賞の表彰を行うほか、協賛企業より副賞が提供されます。

 

『参考URL:北海道学生アプリコンテスト2015を開催】

つまり、『学生のアプリ開発コンテストを行うことで学生の育成を行いましょう!』という経産局の事業です。近年、増加しているIT人材のニーズに伴い、行われているのが当イベント。

今回は約10作品がプレゼンテーション審査に進み、更にその内4作品が優秀な作品として表彰されました。審査基準としては主に『独創性」や『アイデアの将来性』が挙げられていました。では、早速その4作品をご紹介します。

最優秀賞『What’s your taboo food』

20150320_app_cre

北海道情報専門学校:クリエイターサークル

コンセプトは、『海外の観光客が北海道の食を楽しむ』こと。海外観光客の課題として、日本語のメニューが読めないこと、食事にどんな食材が使われているかわからないことが挙げられます。その不安を解消するのが当アプリです。

※海外は日本に比べて、ベジタリアンの方や宗教的理由により特定の食材を食べられない方が多いので、料理にどんな食材が使われているかの関心度がとても高いのです。

このアプリに食べられない食材を登録しておき、注文の際に画面を見せることで『自分が食べられない食材』+『おすすめのメニュー』を聞くことができます。言語は『英語、韓国語、中国語、インドネシア語、マレー語』に対応。入力はその言語で、店員に見せるために画面に表示する際には日本語で表示ができます。

(46種類の食材に対応しているのが特徴で、将来性としては、東京オリンピック開催により観光客の増加が予想されるので、ニーズの拡大が予想されます。食べたいものより、食べれないものに着目した点がユニークだと思いました!)

20150320_app_pre

奨励賞『陣痛ダイアリー』

20150320_app_tsuchida

路公立大学:土田栞さん

『妊婦の方に思いやりを』というコンセプトのアプリ。去年もコンテストに応募しており、バージョンアップしての応募です。このアプリは、妊婦の配偶者や周囲の家族にに陣痛のリズムを共有することで妊婦さんに安心安全を届けるためのアプリです。

消さナイト

20150320_app_ha

吉田学園:服部秘伝忍法帳

入賞作品内では唯一のゲーム作品となりました。横スクロールアクションゲームで、自動で進んでいくキャラを妨害する障害物を、消しゴムで消して道を切り開いていくゲームです。

審査員長章『場合の数と確率の計算機』

20150320_app_ma

北海道大学:馬さん

組み合わせや順列、場合の数の公式を電卓のような簡単な操作で表示することができるツール。とても有益でニッチなツールです。とても実用性のあるアプリです。

 

《 続きは次のページへ:トークセッション 》

Page1
Data

この記事に関する追加詳細情報はありません。


Tag :

<PR>

3分で読める!人気アクセスランキング!

関連記事

3分で読める!人気アクセスランキング!

Air-G’ ラジオ放送記事

最新の記事

Facebook

お問い合わせ Doしたい? Twitter Doしたい? Facebook