Post2015/07/15

夏だ!海だ!オープンキャンパスだ!

夏だ!海だ!オープンキャンパスだ!

すっかり暑い季節になりましたね。夏といえば…?そう、オープンキャンパス!(笑)今回はオープンキャンパスってなに?というところから、実際に行った時のポイントまで、じっくりご紹介しようと思います!


<PR>


オープンキャンパスとは??

大学への入学を希望・考えている人に向けて、施設の見学や、学部ごとの大学の説明、入試や大学生活に関する個別相談などを主な内容とする、各大学が開催するイベントのことです。オープンキャンパスを通じて、よりその大学について関心を深めてもらおう!という趣旨で行われます。

開催時期は大体高校生の夏休み期間中の、7月~8月にかけて多く開かれます。早いところなら6月くらい、遅くて秋くらいまで数回にわたって開くところもあるので、行きそびれた人も確認をしてみてくださいね。

オープンキャンパスって行った方がいいの?

0715_oc_2

オープンキャンパスは自由参加なので、必ず行かなくてはいけないということはないですし、参加・不参加が入試の合否に関係するということもありません。しかしオープンキャンパスは、大学選びをする際の重要なポイントとなるイベントです。

大学の雰囲気を実際に感じてみることで、パンフレットやホームページには書いていないことを知ることができますし、特に志望校をどこにするか迷っている人は、志望校の決定のきっかけとなるかもしれません。また、「この大学に入りたい!」という、入試へのモチベーションの向上も期待できます。キャンパス内の下見をしておくことで、入試当日も気持ちに余裕ができるので◎ですよ。

実際にどのようなことをするの?

具体的な内容としては、大学によって様々ですが、主なものは、

  • 大学内の見学(在校生や教職員によるツアー形式のところも)
  • 学長や教員、在校生等による大学・学部の説明
  • 大学のカリキュラムや入試制度、奨学金、大学生活についてのことなどの個別相談窓口(在校生が受け答えをすることも)

などが挙げられます。さらに、これに加えて、

  • 実際に講義を体験できる模擬授業や、入試対策授業
  • 大学教員の研究室の公開
  • 過去問の問題集の配布
  • 各サークルによる催し物

など、大学によっては様々なイベントを用意しているところもあるようです。また、当日は学食を体験できるところが多く、来場者に食券や購買でのドリンク引換券などを配布している所もあります。

オープンキャンパスの持ち物や服装は?

waiting-410328_1280

オープンキャンパスに参加するときの服装は基本自由です。制服でも私服でもOK。私服の場合は、あまり華美にならないようにしましょう。キャンパス内は意外と広いところが多いので、歩きやすい靴がおすすめです。また、資料などを持ち帰られるように、大きめのカバンがいいかもしれません。

持ち物は、大学側になにか指定が無ければ、メモ用紙と筆記用具があれば大丈夫です。携帯電話・スマホ等は持って行ってもOKですが、説明会などではマナーモードにするか、電源を切っておきましょうね。

 

《 続きは次のページへ:オープンキャンパスへ行ったときのポイント! 》

Page1
Data

この記事に関する追加詳細情報はありません。


Tag :

<PR>

3分で読める!人気アクセスランキング!

関連記事

3分で読める!人気アクセスランキング!

Air-G’ ラジオ放送記事

最新の記事

Facebook

お問い合わせ Doしたい? Twitter Doしたい? Facebook