Post2017/04/24

大学生の4年間はどう組み立てるといいの?【先輩インタビュー】

大学生の4年間はどう組み立てるといいの?【先輩インタビュー】

Doしたい?編集部の高橋です。
今回は、北海学園大学、北海道情報大学、小樽商科大学、早稲田大学の四大学の4年生の先輩に取材し、大学の4年間の流れの違いや高校生のみなさんに向けてのアドバイスを聞いてきました。「大学4年間を充実したものにしたい」と考えている方は必見です。それではさっそくご紹介いたします。


<PR>


大学の大きな流れ

大学の4年間のスケジュール

  • 1年生:入学式、教養科目復習(学科選択)
  • 2年生:専門科目、ゼミ選択
  • 3年生:ゼミ活動、就職活動
  • 4年生:卒業論文、学位授与式

※ 定期試験 年2回:1学期(7月下旬〜8月あたりにかけて)、2学期(1月下旬〜2月あたりにかけて)

大学の流れと取材した大学の特徴

大学に進学すると高校時代にはない環境の中で学校生活を送ることになります。勉強する科目も専門的なものとなり、3年生になると学んだ知識や技術を所属する研究室(ゼミ)で活用することとなるでしょう。
今回、4つの大学の4年生に取材して大学生活を振り返ってもらい、取材して見えてきた大学の特徴や違いなどをまとめてみました。

テスト

はじめに、「テスト」について。試験は大学によって行う回数が違うみたいです。例えば小樽商科大学では「中間テスト」「期末テスト」が前期後期にそれぞれあり、合わせて4回行われるようです。テスト期間も大学によって長かったり短かったりと様々です。

学校行事

2つ目に「学校行事」について。「学校祭」に関しては、大学によって行う時期がさまざまであり、小樽商科大学では6月に「緑丘祭(ろくきゅうさい)-1部」と「緑宵祭(りょくよいさい)-2部」。北海学園大学では10月に「十月祭」(豊平キャンパス)と「工学祭」(山鼻キャンパス)。北海道情報大学も10月に「蒼天祭」が行われるようです。北海道外では早稲田大学が11月に「早稲田祭」が行われています。

ゼミ選択

3つ目に、「学科やゼミ」について。私は北海道情報大学に在学しているので2年生の後期になると研究室(ゼミ)を選択し3年生になると、より専門的な研究室(ゼミ)に配属されるのですが、早稲田大学では3年生の9月まで研究室(ゼミ)に配属されておらず配属にあたりテストもあるようです。テストの結果と成績(GPAと呼ばれます)を総合的に評価して研究室(ゼミ)に入ることができるようです。また、小樽商科大学では研究室(ゼミ)選択に限らず1年生の後期から学科オリエンテーションを行い、2年生になると学科別に授業が行われるそうです。1~2年生は教養科目や基礎演習が多く、学年が上がるごとにより専門的な勉強へと移っていきます。そういう意味では1年生のうちに幅広く知識を習得しておくと、後半の専門選択で有意義に選択ができそうです。

 

《 続きは次のページへ 》

Page1
Data

【取材協力】

●北海学園大学 齋藤 翔(さいとう かける)
北海道大麻高校を卒業

●北海道情報大学 江美 優緯(えみ ゆい)
北海道札幌手稲高校を卒業

●小樽商科大学 河合 巧(かわい たくみ)
北海道札幌日本大学高校を卒業

●早稲田大学 山崎 駿斗(やまざき はやと)
埼玉県立立川高校を卒業


Tag :

<PR>

3分で読める!人気アクセスランキング!

関連記事

3分で読める!人気アクセスランキング!

Air-G’ ラジオ放送記事

最新の記事

Facebook

お問い合わせ Doしたい? Twitter Doしたい? Facebook