Post2014/11/30

いつからか空に憧れて。【札幌学院大学 経済学部 4年 伊瀬豪】

いつからか空に憧れて。【札幌学院大学 経済学部 4年 伊瀬豪】

今回は札幌学院大学に通う4年生の伊瀬豪さんを取材しました。伊瀬さんは卒業後、航空自衛官として働くそうです。伊瀬さんの大学生活、そしてどうして航空自衛官で働くことにしたのか、いろいろとお話を聞いてきました!


<PR>


大学ではいろんな人と出会い関わることができました

なぜこの大学に進学したのですか?

高校生の時、専門学校は考えていなくて、とりあえず大学に進学したいと思っていました。やりたいことは、大学に進学してから見つけようと考えていました。そこで一つの大学に指定校推薦をもらえたので、自宅から通いやすかったこともありこの大学に通うことにしました。

経済学部を選んだ理由は、経済は自分たちにとても身近なものだと感じたからです。そして、学ぶことで将来にも役立つ知識が身に付くと思ったからです。札幌学院大学にしてよかった点は、いろいろな人と出会い、関わることができたことです。また、部活やその関わりでの出会いがありました。

大学生活を振り返ってこれをしておけばよかった!と思うことはありますか?

僕が後悔しているのは、留学をしなかったことですね。海外に行きたい気持ちはあったのですが・・語学をもっと勉強しておけば良かったと後悔しています。英語がしゃべれたほうがかっこいいし、海外に行っても困らないですしね!

自分の意志で自由に時間が使えた大学生活

20141130_student_gou_04

高校と比べて大学は別物でしたか?

全然違いますね。一番の変化は時間に拘束されなくなりました。自分の意志で自由に時間が使えますね。だから高校のときにはできなかったことができました。長期休みに海外や道外を旅行したり、いろんな人と飲み会にいきました。ふざけたり、時にはまじめな話をしたり・・・。

また、睡眠が十分にとれるようになりましたね。それに大好きな野球を楽しむことができました。高校時代は野球一筋でとにかく忙しくて、野球しかしていませんでした。大学では忙しすぎず適度に野球部に力を注ぐことができました。

アメフト部を経て、野球部部長として全国大会へ

20141130_student_gou_01

サークルや部活は他に何をしていましたか?

僕は小学生から高校までずっと野球をしてきたので大学では違うことをしてみたいと思い1年生の頃はアメフト部に在籍していました。しかしシーズンが終わった時に、来シーズンの部費などを自分でやりくりすることが厳しいと感じたので退部しました。

2年になってからは、バイトだけをしていましたが、今までスポーツをしてきた身として、何か物足りなさを感じていました。単純に暇だったんですけどね(笑)そこで、なにかやろうかと考えて、軟式野球部の見学に行きました。そして、雰囲気がとてもよかったので、入部することに決めました。

野球部もお金がかかると思うかもしれませんが、僕は今まで使っていた道具を使いまわせたのでその問題はありませんでした。入部してすぐの大会で優勝して、全国大会へ進むこともできました。やはり、そのときはとても嬉しかったです。3年生になったとき、僕はキャプテンに選んでもらえました。みんなから選ばれたのは、僕のカリスマ性ですかね(笑)チームをまとめたり、運営したりと、マネジメントがすごく大変でした。

毎日毎日が勝負だったと思います。ですが、その年の最後の大会で全国大会への切符をつかむことができたので、やってよかったと思いました。毎年全国大会へと進むことができたので、僕にとっていい思い出となっています。

 

《 続きは次のページへ:空に憧れを抱き、航空自衛官を目指す 》

Page1
Data

伊瀬 豪(いせ ごう)

札幌学院大学

1992年生まれ
2011年 年札幌日本大学高等学校 卒業
2011年 札幌学院大学 経済学部 経済学科 入学


Tag :

<PR>

3分で読める!人気アクセスランキング!

関連記事

3分で読める!人気アクセスランキング!

Air-G’ ラジオ放送記事

最新の記事

Facebook

お問い合わせ Doしたい? Twitter Doしたい? Facebook